【旅録】 #5 ヒッチハイク日本縦断 「恐怖の足音」

Hola!伊藤輝(Akira Ito)です。

ヒッチハイク日本縦断旅録です。

前回記事はコチラ!

【旅録】#4 ヒッチハイク日本縦断 「寝心地最悪なのに熟睡できる理由」

前回記事にて2,3日目を書きました。

続きです〜

〜4日目〜

 

下関市内のネットカフェで起床後、

とりあえず下関駅まで戻ります

コチラのご家族が下関駅まで送ってくださいました^^

ありがとうございました。

そのタイミングで

「仕事で明日広島まで行くから王司PAに来れるなら乗せていける」

と、母親の知人から連絡がありました。

よって4日目の目的地は、王司パーキングエリアに決定。

 

早速ボードに書き込む。

車が停まりやすそうな場所を見つけては

立ち止まってヒッチハイクを試みるが、

場所が悪かったのかハートが悪かったのか

なかなか捕まらず。。時間だけが過ぎていく。

王司PAまで16km。

すっかり日も暮れてしまった。。

が、関門橋は綺麗だった。

 

歩きながら夜の下関を歩いていると、

コチラの方が目的地の王司PAまで乗せてくれました。

PAに用事があったわけではなく、

「母さん?ごめん、旅人さんを王司PAまで送るけん

ちょっと遅れる。」と言って

わざわざ連れて行ってくれました。

ありがたい。

というわけで王司PA到着。

あたりはすっかり暗いが、フードコートで

一番安いうどんを食べて閉店の21時まで粘る。

 

今日はここで野宿。雨が降ってきたので

フードコート隣のガソリンスタンドへ避難。

スタンドは6時営業開始だったので

ギリギリまでいさせてもらおうと、ボードを書きました。

 

初めての野宿。

テントなんてないから、荷物を抱いて寝ました。

寝たというより、一夜やり過ごしました。

近く車や足音が聞こえるたびに

心臓の鼓動が早くなる。

「何か盗まれるんじゃないか?」

「抵抗したら殴られるんじゃないか?」

「警察に言われて追い出されたらどうしよう。」

 

そんなこと考えていたら、寝れるはずもありませんでした。

 

明日は5日目。広島へ。

広島では、暖かい布団じゃなくても、

安全なところで寝れると良いな。。なんて考えてました。

 

続く・・

伊藤輝(Akira Ito)

次の記事はコチラ♪

【旅録】 #6 ヒッチハイク日本縦断「広島着!」