【旅録】#14 ヒッチハイク日本縦断 「京都人による穴場スポットツアー!!」

Hola!伊藤輝(Akira Ito)です。

 

この記事は僕の旅の記録をまとめたものです。

世界一周直前!ヒッチハイク&路上ライブ日本縦断旅

旅程:「佐賀の実家から札幌の友達の家までの日本列島縦断」

旅ルール

ルール1「移動時は原則徒歩及びヒッチハイクのみ。公共交通機関の使用も原則禁止。

ただし、拠点を移動させない場合や、

陸路移動が不可能な場合はこの限りではない。(例:買い物、観光、移動先が離島であるなど)」

ルール2スタート時の所持金はゼロ。旅に必要な資金は全て現地調達とする。

ルール3上記ルールが守れない状況に置かれた時点で旅終了

前回記事はコチラ♪

【旅録】#13 ヒッチハイク日本縦断 「大阪→京都へ!”すまん。2円足らん、、”」

 

前回記事(【旅録】#13 ヒッチハイク日本縦断 「大阪→京都へ!”すまん。2円足らん、、”」)

 

さて、今回は13日目!!

京都のバックパッカーホテルをチェックアウトするところから始まります。

バックパッカーホテルの目の前にあったお寺。

素敵な言葉だなぁと思い、調べると

親鸞の「遇いがたくして、今、遇う事を得たり

聞きがたくしてすでに聞くことを得たり。」と言う言葉だそうです。

本当に遇いたいものに、今私は遇うことができている。

常にそう言う気持ちは持っていたいものですね。

朝、ホテルを出てすぐにこの言葉が最初に入ってきて、最高のスタートを切ることが出来ました。

 

鴨川です。川のせせらぎさえも心なしか普段より美しく聞こえます。

京都に来ただけで、幸福度が上がる「京都マジック」みたいな心理現象あるような気がします。

どこかの大学の研究とかで出てないかな

世界遺産である、下鴨神社へ。国歌「君が代」で歌われたさざれ石です。

 

下鴨神社そばにあるみたらし団子発祥のお店、「加茂みたらし茶屋」へ連れてきてもらいました。

みたらし団子。漢字では”御手洗団子”と書き、発祥の元は、鎌倉時代に後醍醐天皇が行幸の際、御手洗池で水を掬おうとしたところ、1つ大きな泡が出て、続いて4つの泡が出てきたと言う話や、串に刺さった団子を人間の体に見立てていて、一番上は頭で残りの4個は四肢。境内の店で売られていたこちらの串団子が名物となって、これが「御手洗団子」となったと言う2つの説があります。

ほのかな黒砂糖と醤油の香り。美味しかった〜

 

ラーメン好きで天下一品ラーメンを知らない方はいないでしょう。かく言う僕も大ファンで、学生時代はよく食べておりました。

天下一品ラーメン(以下、天一)は京都に本店があり、連れてきてもらいました!

相変わらず美味い。この旅が終われば日本を出てしまうので、次はいつ食べれることになるやら、、

 

京都を案内してくださった友人のたいじさん。彼とはオーストラリアで同じシェアハウスに住んでおりました。今でも仲が良いお兄ちゃんです。

お父さんがツアーガイドさんと言うこともあって、京都の街案内はお手の物。金閣、清水寺など、超有名どころは避けて、観光客がまだそれほど多くなくて、且つ由緒ある素敵な場所を選んで案内してくださいました。

何より会えて良かった。ありがとうございました!

さて、たいじさんともお別れして、お次は路上ライブで宿泊費を集めます。

結果は3818円!40分で集めているので、上々ですね。

本日も京都のバックパッカーホテルに泊まることが出来ました。外国人観光客がとても多かったなあ。日本語よりも英語の方が飛び交っていました。

英語が話したい方は京都のバックパッカーホテル、おすすめです。笑

 

 

13日目、終了!

本日も、ありがとうございました。

伊藤輝(Akira Ito)

次の記事はコチラ♪

【旅録】#15 ヒッチハイク日本縦断 「京都観光&ヒッチハイクで3府県またぎ&鬼稼ぎ!!」