【行動習慣】その日最高のスタートを切るための習慣3つ

Hola!伊藤輝(Akira Ito)です。

さて、今回は行動習慣のお話です。

 

「どうしても朝は弱い」ですとか、

「仕事の都合上生活リズムが不規則になりがち」という方。

必見です。

これは朝方人間、夜型人間関係ありません。

起きる時間が早い、遅いも関係ありません。

 

1日の最高のスタートを切る為に、

効果が高いものを紹介します。

 

ポイントは3つです。

本当はもっとありますけど、最初の習慣づけのためには

簡単なところから始めるのがいいと思います。

 

これをきっかけに自分の人生を最大限楽しめるよう

マネジメントしていきましょう!!

 

 

1コップ一杯の水を飲む

これ大事です。

まず朝起きたらお水を飲みましょう。

人間は寝てる間も活動していて、汗なども含めて500ml〜1Lもの

水分を失っていると言われています。

まずは起きたらそこを補いましょう。コップ一杯(200ml)で十分です。

水分は朝食などでも補えます。

ただし、コーヒーは水分補給には数えないように。

カフェインには利尿作用がありますから、

まともな水分補給になっていない場合が多いです。

 

お口の不快感が気になる方は

うがいや歯磨きをしてから水を飲みましょう。

まずは水を飲んで、

体を内側から目覚めさせましょう。

 

ベッドメイキングをする

 

起きたらすぐベッドメイキングするという方は少数派です。

 

ベッドメイキングと幸福の関係を調査した研究も存在しています。

調査対象となった6万8000人のうち、

59%の被験者はベッドメイキングを行っておらず、

27%の被験者はベッドメイキングを習慣としており、

12%はベッドメイキングを行うための誰かを雇っているという状態でした。

このとき、ベッドメイキングを習慣としている人の71%は自分は幸福であると感じており、

ベッドメイキングをしていない人の62%は自分を不幸せだと感じていたとのこと。

 

学校のクラスで例えるなら、1クラス40人だとすると

15、6人(39%)がベッドメイキングをしていて、

そのうち11人 (71%)が「自分は幸せだ」と感じているというのです。

 

24、5人(61%)がベッドメイキング をしていなくて

そのうち15人(62%)が「自分は不幸だ」と感じているそうです。

 

まとめると、

 

 

40人いて、ベッドメイクしている11人が幸せだと感じ、

ていない15人が不幸だと感じている。

 

 

たった15秒のベッドメイキングでこれだけの差が出ているんですから、

やらない手は無いでしょう。

ささっと自分の寝床をととのえて、

心も一緒に整えましょう。

翌日の目覚めも変わってきます。お試しあれ。

 

 

 

熱いシャワーと冷たいシャワーを”両方”浴びる

朝の習慣としてシャワーはかなり効果があります。

熱めのシャワー(42℃程度)をサッと浴びると体をアクティブにする交感神経を

刺激するのでオススメなのですが、

ここではさらに、冷たいシャワーもついでに浴びることをお勧めします。

やり方は簡単。

1、好きなだけ熱いシャワーを浴びて、

2、水シャワーを30〜90秒浴びる。

3、再び暑いシャワーを好きなだけ浴びる。

 

 

この一瞬だけの水シャワー。

オランダの学術医療センターが考案したもので、

実験では、普通にシャワーを浴びたグループよりも、

水シャワーを1ヶ月、一定時間浴びたグループは

29%も風邪を引く確率が減少。さらにメンタルも

日中の元気がアップする傾向が見られたそうです。

 

たった30秒我慢するだけで健康な体と活発なメンタルを

手に入れられるわけですから、お勧めです。

 

僕が水シャワーやっているのは夏場だけです。

冬は流石に寒いので、、笑

夏バテを吹っ飛ばしたい方はチャレンジしてみてくださいね。

 

まとめ

 

 

いかがでしょうか。他にも

「朝起きたらカーテンを開けて陽の光を浴びる」ですとか、

「起きてすぐ20分程度散歩する」とか、

「きつめのトレーニングを短時間こなす」とか

 

朝やるといい習慣ってたくさんあるんですけど

中でもちょっと手を出しやすくて、かつ

夜勤ですとか、リズムが不規則になりがちな方でも出来そうなものを選びました。

 

 

 

起きたらササッとベッドメイキングして

お水を飲んで、シャワー浴びれば、

心と体、両方をポジティブに働きかけてくれるものですので

ぜひチャレンジしてみてください!

明日から素敵な1日のスタートをきりましょう。

 

 

伊藤輝(Akira Ito)