【書評】「反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

Hola!伊藤輝(Akira Ito)です。

【本紹介】です〜

僕が読んで面白いなぁ〜と思った本を紹介します。

 

タイトル:反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な考え方

著者:草薙龍瞬

 

という本何ですけども。僕は宗教色の強い方ではないのであまりにも抽象的で、非科学的だと信用できないところがあるのですが、現代のトラブルの例とそれに対するブッダの考え方に基づいた解決策も随所に散りばめられていてかなり実践的です。

「反応しない練習」感動したところをピックアップ

生きることはそもそも苦しいものだと理解する

僕が意外と感動したのが、「生きることは、苦しみなのだ 」とブッダが説いていた点。僕は基本的に「考え方次第で一生楽しんで生きていける 」と考えているので、「え?苦しいものなの!?」と驚きました。

なるほど人生はそもそも苦しいものなのだと理解することが、問題解決の第一歩。

問題を”受け入れる”のではなく、ただ「問題がある」と”理解する”。

 

これは大坂なおみ選手のコーチ、サーシャ・バインさんも

「この世には自分の力でコントロールできないことがあるという事実を認めること」と

おっしゃっていますが、少し似ている感じがしますね。

「そもそも苦しかったり、うまくいかないものだ」と認めることが

苦しみから救われる第一歩なのかもしれませんね。

 

苦しみの正体は”心の反応”である。

「イヤなことがあって、つい腹を立てる」「悲しいニュースを見て落ち込む」「過去の失敗を思い出して気持ちが沈む」

こういうものが全て「心の反応」であり、苦しみの正体である筆者は言います。

いろんな人に相談すると「気持ちはわかるけど、もっとラクに考えたら?」「大丈夫だよ。時間が解決してくれるよ」などと励ましてくれるものの、どうも腑に落ちないというか、スッキリしない。

これも全て、その起こったことに対して「反応」しているというのです。そして「無駄に反応しない」ことが、肝要だというわけです。

「快の反応は大事に。不快な反応は無駄なのでしない。」

とブッダは説いていて、その心持ちがあらゆる悩みを解消出来るというわけです。

 

 

欲だって「活かしよう」

欲求を生きるエネルギーに変えて”快”と感じる生き方は合理的」と筆者は言います。

「仕事で評価されたい」「人に感謝されたい」「お金を稼ぎたい」など、人間にはあらゆる欲求がありますが、

たとえそれが煩悩であろうと、「やりたい!チャレンジしたい」と「快」の反応を示しているなら、大いにやっているべきだと言います。

ただし、一つ条件があって、「不快になるなら、その欲は一度手放さなくてはならない。」というものです。

いくらやってみたくても、欲が膨らみ過ぎて「焦り」や「不安」「結果が出ない」「認めてもらえない」など、不満になってしまうのなら、「苦を感じたら仕切り直しなさい」というのがブッダの考え方。

 

それが生きる活力になるのなら貪欲に求めても良いが、不快になるなら一旦休止が必要」ということですね。

 

まとめ

「煩悩を捨てて、無心で居ることが最善だ」みたいな感じなのかと思いきや、意外とそうではなく、「苦しいなら、まずはそれを認めなさい。」「イヤなことにいちいち反応するのやめなさい」「楽しいなら、好きなことやり!」という、とってもシンプルな内容の本でした。

では、それらをどう実践すれば心が軽くなるのかと言うのが本書の内容となっております。

畏怖の念を持つと幸福度が上がると言う研究結果も出ていたりするので

その辺もリンクしてくるのではないかと思います。^^

 

読んでみて損はないかと!!

 

 

 

 

伊藤輝(Akira Ito)

今回紹介した書籍はコチラ↓

反応しない練習(クリックするとAmazonへ移動します)